葬儀に関して思うこと

出来れば身内の葬儀についてなど誰も考えたくないのが本心ではないでしょうか。

ですが、誰でもいつかは父母兄弟などの身内の葬儀を経験しなければなりません。

仮に、あなたが喪主として葬儀を行わなければならないとしたら、その時になって慌てなくても済むように、一度このことについて真剣に考えておいても良いと思います。

模原市の家族葬相に関する情報満載のサイトです。

私の母が亡くなったのは私が32歳の時でした。

現時点で最高の相模原の葬儀についてわかりやすく説明しています。

まだ年齢的にも若く、父や姉がおりましたので、力を合わせて通夜・告別式の準備をしました。

一番大変だったのは遠方から通夜・告別式に出席してくれる親類の宿泊ですが、幸いにも葬祭場に宿泊設備がありましたのでそちらを利用することが出来ました。ただし、広い座敷に男性も女性も一緒に布団を敷きつめて寝るために、リラックスして休んでもらうことは出来ませんでした。


高齢の親戚の方にはさぞ疲れたのではないかと思います。


また、宿泊する場所はあっても食事は出ませんのでその手配もしなければなりませんでした。
小さな葬儀でしたので負担は最小限で済みましたが、精神面で大きな負担となったことは事実です。
最愛の家族の死に直面して悲しむ間もなく様々なことをしなければならなかったのは、大変つらい経験です。



ご家庭によって、葬儀に対する考え方は様々です。

またかけられる費用についても差があるでしょう。

近隣にはどのような葬祭関係の業者があるか、どのような形のお別れをするかなど、シミュレーションしておくことは良いことだと思います。



MENU